【番組解説】

「レ・ミゼラブル 少女コゼット (レ・ミゼラブル しょうじょコゼット)」とは、2007年(平成19年)1月よりBSフジで放映されたテレビア二メ。少女コゼットの遭遇する過酷な運命を描いたビルドゥングロマンス作品。原作は、フランスの小説家ビクトル・ユーゴーの『レ・ミゼラブル(原題:Les Miserables)』。主人公をジャン・バルジャンからコゼットに変更して制作された。世界名作劇場シリーズ第24弾。アニメーション制作は日本アニメーションが担当した。1997年3月に放映を終了した『家なき子レミ』を最後に、しばらく中断していた世界名作劇場シリーズが10年ぶりに復活した作品。

【番組内容(あらすじ、ストーリー)】

19世紀初頭のフランスを舞台に、幼い頃、母を失くし、修道院で育った少女コゼットの過酷な運命を描く。
世界名作劇場「レ・ミゼラブル 少女コゼット」Sound SketchII

【番組データ】

番組名称:レ・ミゼラブル 少女コゼット
よみがな:レ・ミゼラブル しょうじょコゼット
英語表記:Les Miserables
放映期間:2007年01月07日 ~ 2007年12月30日
放映時間:日曜/19:30~20:00
放送形式:カラー/30分1話
放送話数:52話
テレビ局:BSフジ
製作会社:フジテレビ、日本アニメーション
ジャンル:ファミリー、冒険、ロマンス
原作:ヴィクトル・ユーゴー
製作:本橋浩一
脚本:金春智子、丸尾みほ、横谷昌宏、池田眞美子
演出:市橋佳之、棚橋一徳、赤城博昭、土屋日
絵コンテ:桜井弘明、四分一節子、岡本英樹、井硲清高
作画監督:藤原宏樹、 加瀬政広、宍戸久美子、志田ただし
総作画監督:志田ただし
シリーズ構成:金春智子
制作管理:早船健一郎
監督:桜井弘明
プロデューサー:伊藤幸弘、山本幸治、加藤道夫、佐藤賢一
キャラクターデザイン:渡辺はじめ、吉松孝博
音楽:松尾早人

[ この作品の主題歌が収録されたCDを購入する ]
[ この作品のサウンドトラックCD1を購入する ]
[ この作品のサウンドトラック2を購入する ]

【音楽データ】

[オープニング-OP-]
曲名:風の向こう
歌手:斉藤由貴
作詞:斉藤由貴
作曲:いしいめぐみ
編曲:澤近泰輔

[エンディング-ED-]
曲名:ma maman
歌手:斉藤由貴
作詞:斉藤由貴
作曲:澤近泰輔
編曲:澤近泰輔

【キャストデータ】

<例>
登場人物(よみがな):声優名(声)
登場人物の特徴。

コゼット:名塚佳織(声)、松元環季(声)
主人公。ファンティーヌの娘。ジャン・バルジャンの養女となる。

ジャン・ヴァルジャン:菅原正志(声)
元徒刑囚の実業家。のちにコゼットの養父となる。
ガラス工場の経営者。ファンティーヌを不当解雇したことを悔いている。

ファンティーヌ:萩原えみこ(声)
コゼットの母親。容姿端麗のブロンド美女。

マリウス・ポンメルシー:勝杏里 (声)
コゼットの恋人。上流階級出身の青年。弁護士志望の大学生。

テナルディエ:矢部雅史 (声)
宿屋・ワーテルロー亭を営む強欲な商売人。

エポニーヌ:笹本優子(声)、大塚友稀 (声)
テナルディエの長女。マリウスに想いを寄せる。
レ・ミゼラブル 少女コゼットVol.1 DVD
[ この作品の単品DVD Vol.1をAmazonで購入する ]
[ この作品のDVD(完結版)をAmazonで購入する ]
[ この作品の動画をAmazonで購入する ]

レ・ミゼラブル 少女コゼットのテレビクリップ動画
[Opening]
[Ending]
放送開始年:平成19年
作品番号:1205

【関連ページ】
[平成19年(2007年)放映開始のテレビアニメ (143件)]