【番組解説】

「BLUE DRAGON -ブルードラゴン- 」とは、2007年(平成19年)4月よりテレビ東京系で放映されたテレビアニメ。光と影の戦いに巻き込まれた少年シュウの活躍を描いた冒険ファンタジー作品。原作は、Xbox 360専用のゲームソフト『ブルードラゴン』。アニメーション制作はぴえろが担当した。
2008年4月から第2期に該当する『BLUE DRAGON 天界の七竜』が放映された。

【番組内容(あらすじ、ストーリー)】

かつて、光と影の勢力争いがあった。その戦いは、影の封印に成功した七人の光の戦士の勝利に終わった。だが、影の力に目覚めたグランキングダムの王ネネによる世界制服が開始されたことで、世界に再び混乱が巻き起こる。影の力に目覚めたもう一人の人物ゾラは、ネネの野望を阻止するため、光の戦士の末裔を捜し続けていた。平和な村タタを訪れたゾラは、そこで無鉄砲な少年シュウと勝気な少女クルックと出会う。
EMOTION the Best BLUE DRAGON DVD-BOX

【番組データ】

番組名称:BLUE DRAGON
よみがな:ブルードラゴン
英語表記:BLUE DRAGON
放映期間:2007年04月07日 ~ 2008年03月29日
放映時間:土曜/09:00~09:30
放送形式:カラー/30分1話
放送話数:51話
テレビ局:テレビ東京
製作会社:テレビ東京、スタジオぴえろ
ジャンル:ファンタジー、冒険
原案:坂口博信
脚本:大和屋暁、千葉克彦、下山健人、浦沢義雄
演出:ユキヒロマツシタ、今千秋、松本マサユキ、浅見松雄
絵コンテ:ユキヒロマツシタ、今千秋、松本マサユキ、石平信司
作画監督:二宮常雄、大竹紀子、西城隆詞、安藤幹彦、窪詔之
シリーズ構成:大和屋暁
監督:ユキヒロマツシタ
プロデューサー:東不可止、稗田晋、萩野賢、足立聡史
音楽プロデューサー:渡辺隆
アニメーションプロデューサー:津野竜之輔
キャラクター原案:鳥山明
キャラクターデザイン:二宮常雄
プロップデザイン:大畑晃一、宮脇謙史
音楽:植松伸夫、大橋恵

[ この作品の主題歌が収録されたCDを購入する ]
[ この作品のサウンドトラックCD1を購入する ]
[ この作品のサウンドトラックCD2を購入する ]

【音楽データ】

[オープニング-OP1-]
曲名:FRIEND
歌手:橘慶太
作詞:橘慶太
作曲:T2ya
編曲:Koma2 Kaz

[オープニング-OP2-]
曲名:ムネニキボウヲ
歌手:遼花
作詞:遼花
作曲:遼花、溝口和彦
編曲:溝口和彦

[エンディング-ED1-]
曲名:Fly So High
歌手:山田優
作詞:TIGER
作曲:FLYING GRIND
編曲:FLYING GRIND

[エンディング-ED2-]
曲名:Kokoro
歌手:SS501
作詞:SPIN
作曲:本間昭光
編曲:中村太和

[エンディング-ED3-]
曲名:Hana
歌手:光岡昌美
作詞:光岡昌美
作曲:田中直
編曲:田中直

[エンディング-ED4-]
曲名:セピア
歌手:D-51
作詞:吉田安英
作曲:Kiichi
編曲:清水信之

【キャストデータ】

<例>
登場人物(よみがな):声優名(声)
登場人物の特徴。

シュウ:根本圭子(声)
主人公。元気で無鉄砲な少年。光の戦士の末裔。

ブルードラゴン:高塚正也(声)
シュウの影。強大な力を持つ青い竜。

クルック:葉月絵理乃(声)
ヒロイン。男勝りの少女。シュウの幼なじみ。

ネネ:斎藤志郎(声)
世界征服を企む大国グランキングダムの王。

ゾラ:朴璐美(声)、岩村琴美(声)
女剣士。ネネの野望を阻止するため、光の戦士の末裔を捜す旅を続ける。
BLUE DRAGON Blu-ray Box (初回限定生産) DVD
[ この作品の単品DVD全13巻セットをAmazonで購入する ]
[ この作品のXbox 360専用ソフトをAmazonで購入する ]

BLUE DRAGONのテレビクリップ動画
[Opening]
[Ending]
放送開始年:平成19年
作品番号:1259

【関連ページ】
[平成19年(2007年)放映開始のテレビアニメ (143件)]