【番組解説】

「テイルズ オブ ジ アビス」とは、2008年(平成20年)10月よりTOKYO MXで放映されたテレビアニメ。少年ルークと仲間たちの旅を描いた冒険ファンタジー作品。原作は、ナムコ(現:バンダイナムコゲームス)から発売されたPlayStation2用の同名テレビゲーム。アニメーション制作はサンライズ が担当した。

【番組内容(あらすじ、ストーリー)】

惑星オールドラントでは、キムラスカ・ランバルディア王国とマルクト帝国が長期間に渡り敵対を続けていた。ある日、キムラスカ・ランバルディア王国の貴族ファブレ公爵家の長男ルークは、剣術の師匠ヴァンの警護中、屋敷に不法侵入してきた少女・ティアと共に超振動を発生させてしまう。超振動により敵国マルクト帝国領に瞬間移動してしまったルークは、ティアとパーティを組み、帰国の旅を開始する。
テイルズ オブ ジ アビス Blu-rayBOX

【番組データ】

番組名称:テイルズ オブ ジ アビス
よみがな:テイルズ オブ ジ アビス
英語表記:TALES OF THE ABYSS
放映期間:2008年10月03日 ~ 2008年03月27日
放映時間:土曜/21:00~21:30
放送形式:カラー/30分1話
放送話数:26話
テレビ局:TOKYO MX
製作会社:サンライズ、バンダイビジュアル、バンダイナムコゲームス、毎日放送
ジャンル:冒険、ファンタジー
原作:テイルズ オブ ジアビス(バンダイナムコゲームス)
企画:宮河恭夫、川城和実、鵜之澤伸
脚本:面出明美、岸本みゆき、加藤陽一、根元歳三
演出:佐藤照雄、鳥羽聡、小倉宏文、佐藤真人
絵コンテ:こだま兼嗣、青木康直、戸部敦夫、まついひとゆき
作画監督:菱沼義仁、しんごーやすし、前澤弘美、佐久間信一
シリーズ構成:面出明美
監督:こだま兼嗣
副監督:佐藤照雄
プロデューサー:小形尚弘、桑園裕子、樋口義人、丸山博雄
アソシエイトプロデューサー:槙木裕紀、前田俊博
エグゼクティブプロデューサー:尾崎雅之、久保聡、吉積信
音楽プロデューサー:MOR、小池克実、眞野昇
キャラクターデザイン:菱沼義仁
オリジナルキャラクターデザイン:藤島康介
モンスター・メカニカルデザイン:石垣純哉
音楽:桜庭統

[ この作品の主題歌(OP)が収録されたCDをAmazonで購入する ]
[ この作品の主題歌(ED)が収録されたCDをAmazonで購入する ]
[ この作品のサウンドトラックCDをAmazonで購入する ]

【音楽データ】

[オープニング-OP-]
曲名:カルマ
歌手:BUMP OF CHICKEN
作詞:藤原基央
作曲:藤原基央
編曲:BUMP OF CHICKEN

[エンディング-ED-]
曲名:冒険彗星
歌手:榎本くるみ
作詞:MOR & MOTOO FUJIWARA
作曲:MOR & MOTOO FUJIWARA
編曲:-

【キャストデータ】

<例>
登場人物(よみがな):声優名(声)
登場人物の特徴。

ルーク・フォン・ファブレ:鈴木千尋(声)
主人公。ファブレ公爵家の長男。17歳の剣士。

ティア・グランツ:ゆかな (声)
ヒロイン。神託の盾騎士団情報部所属の第七音譜術士。16歳の音律士。

ジェイド・カーティス:子安武人(声)
マルクト帝国軍第三師団の師団長。35歳の譜術博士。

アニス・タトリン:桃井はるこ(声)
ローレライ教団の導師イオンの守護役。13歳の人形士。

ガイ・セシル:松本保典(声)
ファブレ公爵家の使用人でルークの兄貴分。21歳の剣士。

ナタリア・L・K・ランバルディア:根谷美智子(声)
キムラスカ王国の王女。18歳の弓使い。

ミュウ:丸山美紀(声)
パーティのマスコット的存在。チーグル族の子供。ルークを慕う。

ヴァン・グランツ:中田譲治(声)
ルークの剣術の師。神託の盾騎士団の主席総長。27歳の譜術剣士。

イオン:大谷育江(声)
ローレライ教団の最高指導者。14歳の導師。
テイルズ オブ ジ アビス DVD
[ この作品のBlu-rayBOXをAmazonで購入する ]
[ この作品のDVD-BOXをAmazonで購入する ]

テイルズ オブ ジ アビス テレビクリップ動画
[Opening]
[Ending]
放送開始年:平成20年
作品番号:1457

【関連ページ】
[平成20年(2008年)放映開始のテレビアニメ (142件)]