【番組解説】

「07-GHOST (セブンゴースト)」とは、2009年(平成21年)4月よりチバテレビで放映されたテレビア二メ。バルスブルグ帝国陸軍士官学校生テイト=クラインの活躍を描いたファンタジー作品。原作は、一迅社の『コミックZERO-SUM』に連載された同名漫画。アニメーション制作はスタジオディーンが担当した。

【番組内容(あらすじ、ストーリー)】

バルスブルグ帝国陸軍士官学校の士官学校生テイト=クラインは、帝国軍のアヤナミ参謀長官と出会い、衝撃の事実を告げられた。テイトの正体は、バルスブルグ帝国に滅ぼされたラグス王国の王子だというのだ。父をアヤナミに殺害された記憶を取り戻したテイトは、アヤナミに襲いかかるが、捕らわれ投獄されてしまう。親友ミカゲの手引きで脱獄に成功したテイトは、バルスブルグ教会に匿われ、次第に封印された記憶を鮮明にさせていく。
07-GHOST DVD

【番組データ】

番組名称:07-GHOST
よみがな:セブンゴースト
英語表記:07-Ghost
放映期間:2009年04月06日 ~ 2009年09月21日
放映時間:月曜/25:40~26:10 (火曜/01:40~02:10)
放送形式:カラー/30分1話
放送話数:25話
テレビ局:チバテレビ
製作会社:「07-GHOST」製作委員会
ジャンル:ファンタジー、ミリタリー
原作:雨宮由樹、市原ゆき乃
企画:鈴木大三、佐上靖之、池田哲也
脚本:高橋ナツコ、武上純希、加藤陽一
演出:高本宣弘、中山敦史、小林浩輔、江島泰男
絵コンテ:高本宣弘、石井久志、小林浩輔、江島泰男
作画監督:堀越久美子、阿部智之、浅井昭人、高橋敦子
総作画監督:番由紀子
シリーズ構成:高橋ナツコ
監督:高本宣弘
プロデューサー:君島彩子、後藤政則、斎藤朋之、川村仁
アニメーションプロデューサー:浦崎宣光
キャラクターデザイン:藤井まき
メカニックデザイン:宮豊
音楽:中川幸太郎
07-GHOST CD
[ この作品の主題歌(OP)が収録されたCDをAmazonで購入する ]
[ この作品の主題歌(ED1)が収録されたCDをAmazonで購入する ]
[ この作品の主題歌(ED2)が収録されたCDをAmazonで購入する ]
[ この作品のサウンドトラックCDをAmazonで購入する ]

【音楽データ】

[オープニング-OP-]
曲名:緋色のカケラ(アカノカケラ)
歌手:鈴希ゆき
作詞:Kana & Noria
作曲:NAOKI MAEDA
編曲:Ryo、中川幸太郎

[エンディング-ED1-]
曲名:瞳のこたえ
歌手:Noria
作詞:Noria
作曲:五十嵐“IGAO”淳一
編曲:大場敏明、中川幸太郎

[エンディング-ED2-]
曲名:LET IT OUT
歌手:福原美穂
作詞:福原美穂
作曲:福原美穂、山口寛雄
編曲:安原兵衛

【キャストデータ】

<例>
登場人物(よみがな):声優名(声)
登場人物の特徴。

テイト=クライン:斎賀みつき(声)
主人公。バルスブルグ帝国の陸軍士官学校生。
その正体は、記憶の一部を封印されたラグス国王の王子。
本名はヴァールハイト=ティアシェ=ラグス。

ミカゲ=セレスタイン:浪川大輔(声)
テイトの親友。バルスブルグ帝国の陸軍士官学校生。

フラウ:諏訪部順一(声)、井上麻里奈(声)
バルスブルグ教会の司教。右腕にフェアローレンの鎌を宿す。

カストル:千葉進歩(声)
バルスブルグ教会の司教。蘇生能力を持つ。

ラブラドール:宮田幸季(声)
バルスブルグ教会の司教。予言の能力を持つ。

アヤナミ:浪川大輔(声)、溝邉祐子(声)
バルスブルグ帝国陸軍参謀長官。冷酷な人物。
バルスブルグ皇帝直属の黒法術師部隊ブラックホークのリーダー。
07-GHOST DVD
[ この作品の単品DVD全13巻セットをAmazonで購入する ]

07-GHOST テレビクリップ動画
[Opening]
[Ending]
放送開始年:平成21年
作品番号:1543

【関連ページ】
[平成21年(2009年)放映開始のテレビアニメ(128件)]