【番組解説】

「世紀末オカルト学院 (せいきまつオカルトがくいん)」とは、2010年(平成22年)7月よりテレビ東京系で放映されたテレビアニメ。私立ヴァルトシュタイン学院の学長兼生徒の美少女・神代マヤ(くましろ マヤ)の活躍を描いた学園オカルトアニメ。テレビ東京とアニプレックスのオリジナルアニメプロジェクト「アニメノチカラ」の第3弾。アニメーション制作はA-1 Picturesが担当した。

【番組内容(あらすじ、ストーリー)】

西暦1999年。長野県にある私立ヴァルトシュタイン学院は、たびたび怪奇現象が起こるため、オカルト学院と呼ばれていた。そんなオカルト学院の学長が亡くなり、学長の一人娘・神代マヤ(くましろ マヤ)が、新学長となった。オカルト嫌いな神代マヤは、学院の廃校を目論むんでいたが、次々と怪奇現象に巻き込まれてしまう。
世紀末オカルト学院 DVD

【番組データ】

番組名称:世紀末オカルト学院
よみがな:せいきまつオカルトがくいん
英語表記:Occult Academy
放映期間:2010年07月05日 ~ 2010年09月27日
放映時間:月曜/25:30~26:00 (日曜/01:30~02:00)
放送形式:カラー/30分1話
放送話数:13話テレビ局:テレビ東京
製作会社:アニプレックス、テレビ東京
ジャンル:学園、オカルト、SF
原作:A-1 Pictures
監修: ムー編集部(学研パブリッシング)
制作:A-1 Pictures
脚本:水上清資、大野木寛 、綾奈ゆにこ、砂山蔵澄
演出:伊藤智彦、中村亮介、平川哲生、タムラコータロー
絵コンテ:伊藤智彦、中村亮介、平川哲生、タムラコータロー
作画監督:千葉崇洋、石原満、柴山智隆、世良悠子
総作画監督:千葉崇洋
シリーズ構成:水上清資
世界観設定:末武康光
監督:伊藤智彦
プロデューサー: 藤本昌俊、和田慎之介
制作プロデューサー:岡村繁久
エグゼクティブプロデューサー:川崎由紀夫、勝股英夫、落越友則
音楽プロデューサー:伊藤善之
キャラクター原案:麻生我等
キャラクターデザイン:千葉崇洋
プロップデザイン:柴山智隆
音楽:Elements Garden
世紀末オカルト学院 CD
[ この作品の主題歌(OP)が収録されたCDをAmazonで購入する ]
[ この作品の主題歌(ED)が収録されたCDをAmazonで購入する ]
[ この作品のサウンドトラックCD1をAmazonで購入する ]

【音楽データ】

[オープニング-OP-]
曲名:フライングヒューマノイド
歌手:中川翔子
作詞:松隈ケンタ
作曲:松隈ケンタ
編曲:松隈ケンタ

[エンディング-ED-]
曲名:君がいる場所
歌手:高垣彩陽
作詞:中山真斗
作曲:藤田淳平
編曲:藤田淳平

【キャストデータ】

<例>
登場人物(よみがな):声優名(声)
登場人物の特徴。

神代マヤ(くましろ マヤ):日笠陽子(声)
主人公でヒロイン。ヴァルトシュタイン学院の現学長兼生徒。
長い黒髪と青い瞳を持つ美少女。オカルト知識が豊富。

内田文明(うちだ ふみあき):水島大宙(声)、矢作紗友里(声)
通称ブンメー君。サイコキネシス能力を持つ超能力者。
かつてはスプーン曲げ少年として一世を風靡した。

中川美風(なかがわ みかぜ):茅原実里(声)
洋食屋の巨乳看板娘。その正体は黒魔女。

黒木亜美(くろき あみ):高垣彩陽(声)
マヤの幼なじみ。大工の棟梁の娘。マヤの影響でオカルトに染まっている。

成瀬こずえ(なるせ こずえ):花澤香菜(声)
亜美のクラスメイト。オカルト研究者に憧れる少女。
世紀末オカルト学院 DVD
[ この作品の単品Blu-ray全6巻セットをAmazonで購入する ]
[ この作品の単品DVD全6巻セットをAmazonで購入する ]

世紀末オカルト学院 テレビクリップ動画
[Opening]
[Ending]
放送開始年:平成22年
作品番号:1675

【関連ページ】
[平成22年(2010年)放映開始のテレビアニメ (110件)]