【番組解説】

「荒川アンダー ザ ブリッジ×ブリッジ (あらかわアンダー ザ ブリッジ ブリッジ)」とは、2010年(平成22年)10月よりテレビ東京系で放映されたテレビア二メ。荒川河川敷に暮らすこととなったエリート大学生・市ノ宮行(いちのみや こう)の日常を描いたギャグアニメの第2期。原作は、スクウェア・エニックスの『ヤングガンガン』で連載された漫画『荒川アンダー ザ ブリッジ』。アニメーション制作はシャフトが担当した。
2010年4月より放映された『荒川アンダー ザ ブリッジ』の続編。

【番組内容(あらすじ、ストーリー)】

大財閥「市ノ宮グループ」の御曹司・市ノ宮行(いちのみや こう)は、ある日、河に落ちたところ荒川河川敷に暮らすニノという金星人を自称する美少女ニノに助けられた。「他人に借りを作るべからず」と父親に教えられてきた市ノ宮行は、ニノへの恩を返すため、ニノの恋人となった。荒川河川敷を仕切る河童の村長に「リクルート」と名付けられた市ノ宮行は、相変わらず河川敷で暮らしているが・・・。
荒川アンダー ザ ブリッジ×ブリッジジ DVD

【番組データ】

番組名称:荒川アンダー ザ ブリッジ×ブリッジ
よみがな:あらかわアンダー ザ ブリッジ ブリッジ
英語表記:Arakawa under the Bridge × Bridge
放映期間:2010年10月03日 ~ 2010年12月26日
放映時間:日曜/25:35~26:05 (月曜/01:35~02:05)
放送形式:カラー/30分1話
放送話数:13話
テレビ局:テレビ東京
製作会社:荒川UB製作委員会
ジャンル:ギャグ、コメディ
原作:中村光
脚本:赤尾でこ
演出:鈴木利正、小俣真一、志村千里、遠藤晋
絵コンテ:今千秋、板村智幸、成田歳法、佐山聖子
作画監督:山公輔、高野晃久、佐藤天昭、二宮壮史
総作画監督:杉山延寛
シリーズ構成:赤尾でこ
監督:新房昭之
プロデューサー:宿利剛
アニメーションプロデューサー:久保田光俊、岩城忠雄
音楽プロデューサー:眞野昇、伊藤善之
キャラクターデザイン:杉山延寛
音楽:横山克

[ この作品の主題歌(OP1)が収録されたCDをAmazonで購入する ]
[ この作品の主題歌(ED1&ED2)が収録されたCDをAmazonで購入する ]
[ この作品のサウンドトラックCDをAmazonで購入する ]

【音楽データ】

[オープニング-OP1-]
曲名:COSMOS vs ALIEN
歌手:やくしまるえつこ
作詞:ティカ・α
作曲:ティカ・α
編曲:近藤研二

[オープニング-OP2-]
曲名:行様☆Go!Summer!!~いや、行くのは金星だから~
歌手:高井
作詞:三重野瞳
作曲:横山克
編曲:横山克

[エンディング-ED1-]
曲名:赤いコート
歌手:スネオヘアー
作詞:渡辺健二
作曲:渡辺健二
編曲:スネオヘアー

[エンディング-ED2-]
曲名:逆様ブリッジ
歌手:スネオヘアー
作詞:渡辺健二
作曲:渡辺健二
編曲:スネオヘアー

【キャストデータ】

<例>
登場人物(よみがな):声優名(声)
登場人物の特徴。

市ノ宮行(いちのみや こう):神谷浩史(声)、斎藤千和(声)
主人公。大財閥の御曹司。大学生ながら会社を経営するエリート青年。
河に落ちたところをニノに助けられ、荒川河川敷に暮らすことになった。
村長から「リクルート」という名前を付けられた。

ニノ:坂本真綾(声)
いつも青いジャージを身に着けた自称「金星人」の電波系美少女。
荒川河川敷の住人。市ノ宮の命の恩人。

村長(そんちょう):藤原啓治(声)
荒川河川敷でホームレスたちを仕切る河童。

星(ほし):杉田智和(声)
星形の被り物を被っている音楽担当のミュージシャン。
荒川河川敷の住人。

シスター:子安武人(声)
修道士の恰好をした美青年。元傭兵。荒川河川敷の住人。
荒川アンダー ザ ブリッジ×ブリッジ DVD
[ この作品の単品DVD全5巻セットをAmazonで購入する ]

荒川アンダー ザ ブリッジ×ブリッジ テレビクリップ動画
[Opening]
[Ending]
放送開始年:平成22年
作品番号:1696

[荒川アンダー ザ ブリッジ シリーズ]
第1期 『荒川アンダー ザ ブリッジ
第2期 『荒川アンダー ザ ブリッジ×ブリッジ』

【関連ページ】
[平成22年(2010年)放映開始のテレビアニメ (110件)]