【番組解説】

「有頂天家族 (うちょうてんかぞく)」とは、2013年(平成25年)7月からTOKYO MXで放映されたテレビアニメ。人間と狸と天狗が共存する京都を舞台に、狸の名門・下鴨矢三郎(しもがも やさぶろう)の活躍を描いたファンタジーコメディ作品。原作は、幻冬舎から刊行された同名小説。アニメーション制作はP.A.WORKSが担当した。
2017年4月から続編の『有頂天家族2』が放映された。

【番組内容(あらすじ、ストーリー)】

人間と狸(タヌキ)と天狗が共存する京都。狸(タヌキ)の名門・下鴨家(しもがもけ)の三男・下鴨家三男・下鴨矢三郎(しもがも やさぶろう)は、人間の大学生の姿に化けて、自由気ままに生きていた。そんなある日、下鴨家の家長で狸界の偉大なる頭領・下鴨総一郎が、七人の食通のメンバーで構成され金曜倶楽部に、狸鍋にされてしまう。
有頂天家族 DVD

【番組データ】

番組名称:有頂天家族
よみがな:うちょうてんかぞく
英語表記:The Eccentric Family
放映期間:2013年07月07日 ~ 2013年09月29日
放映時間:日曜/22:00~22:27
放送形式:カラー/27分1話
放送話数:13話
テレビ局:TOKYO MX
ジャンル:ファンタジー、コメディ
製作会社:「有頂天家族」製作委員会
原作:森見登美彦
構成協力:柿原優子、木村暢
脚本:菅正太郎、檜垣亮
演出:菅沼芙実彦、倉川英揚、許琮、伊藤秀樹
絵コンテ:吉原正行、岡村天斎、許琮、橘正紀
作画監督:川面恒介、大東百合恵、井上俊之、杉光登
総作画監督:川面恒介
シリーズ構成:菅正太郎
監督:吉原正行
プロデューサー:堀川憲司、斎藤滋、木下満寿裕、武井潤、北田修一、坂本耕作、小田ツヨシ
音楽プロデューサー:伊藤善之
アニメーションキャラクターデザイン:加藤裕美
キャラクターデザイン:川面恒介
キャラクター原案:久米田康治
プロップデザイン:藤井康雄
音楽:藤澤慶昌
有頂天家族 DVD
[ この作品の主題歌(OP)が収録されたCDをAmazonで購入する ]
[ この作品の主題歌(ED)が収録されたCDをAmazonで購入する ]
[ この作品のサウンドトラックCDをAmazonで購入する ]

【音楽データ】

[オープニング-OP-]
曲名:有頂天人生
歌手:milktub
作詞:milktub
作曲:宮崎京一
編曲:宮崎京一

[エンディング-ED-]
曲名:ケセラセラ
歌手:fhana
作詞:林英樹
作曲:佐藤純一
編曲:fhana

【キャストデータ】

<例>
登場人物(よみがな):声優名(声)
登場人物の特徴。

下鴨矢三郎(しもがも やさぶろう):櫻井孝宏(声)、能登麻美子(声)
主人公。狸の名門・下鴨家の三男。勝手気ままに暮らしている。
普段は、人間の大学生に化けている。

下鴨矢一郎(しもがも やいちろう):諏訪部順一(声)
狸の名門・下鴨家の長男。生真面目な性格。虎に化けるのが得意。

下鴨矢二郎(しもがも やじろう):吉野裕行(声)
狸の名門・下鴨家の長男。怠け者の性格。蛙に化けるのが得意。

下鴨矢四郎(しもがも やしろう):中原麻衣(声)
狸の名門・下鴨家の長男。弱気な性格。普段は、少年に化けている。

下鴨総一郎(しもがも そういちろう):石原凡(声)
狸の名門・下鴨家の家長。京都狸界の頭領だったが、狸鍋されてしまう。

下鴨桃仙(しもがも とうせん):石原凡(声)
狸四兄弟の母親で、総一郎の妻。普段は、人間の美青年に化けている。

弁天(べんてん):能登麻美子(声)
本名は鈴木聡美(すずき さとみ)。天狗の術を身に付けた女性。
美食家7人で構成される金曜倶楽部のメンバー。冷徹な性格。
有頂天家族 DVD
[ この作品の単品DVD全6巻セットをAmazonで購入する ]
[ この作品のBlu-ray BOXをAmazonで購入する ]
[ この作品の動画をAmazonで視聴する ]
[ この作品の小説をAmazonで購入する ]

有頂天家族 テレビクリップ動画
[Opening]
[Ending]
放送開始年:平成25年
作品番号:2128

【関連作品】
[ 有頂天家族 シリーズ ]
第1期 『有頂天家族』
第2期 『有頂天家族2』

【関連ページ】
[平成25年(2013年)放映開始のテレビアニメ (184件)]